医療脱毛

医療レーザー脱毛とは?

医療レーザー脱毛とはクリニックや美容外科で行われるレーザー脱毛の事で、医師の診断の元に行われる永久的な効果が期待できる脱毛です。肌が弱い人や、トラブルがある人などはエステサロンで行われるフラッシュ脱毛は施術に不安がありますが、医療レーザー脱毛では看護師・医師が肌の状態を見て脱毛出力を変更したり、施術を継続する事が出来るか判断してくれます。
また赤くなったり、痒みがでたりと肌に何等かのトラブルがあった場合は薬を処方してもらう事も出来ますので、安心です。

 

医療脱毛のメリットとは?

 

・効果の高い脱毛
・医療機関なので安心

 

医療レーザー脱毛は毛根を破壊し毛の再生をなくす作用がある為に、医師の管理の元でないと行えない医療行為となります。脱毛エステサロンで行われるフラッシュ脱毛はエステテシャンが施術を行いますので、医療行為にあたらない程度でしか脱毛を行う事が出来ません。
医療レーザー脱毛は、個人にあったレーザーの強さで脱毛を行い、皮膚に負担がかからないように気を付けながら高い脱毛効果が出るように行われます。

 

医療脱毛のデメリットとは?

 

・ほくろがある部位には照射できない
・痛みがある

 

レーザーは黒い色に反応して毛をなくしていくので、ほくろがある位置や皮膚の色が黒いと火傷の心配がある為に照射が出来ません。
またフラッシュ脱毛に比べてレーザーの出力が高い為に、痛みが強くなります。ですが、ほとんどの場合は我慢できない程の痛みではなく回数を重ねる毎に痛みは和らぎます。また痛みに弱い方は部分麻酔を使う事も出来ます。